介護師になるには資格が必要|スキルアップをする手立て

勉強道具

2種類のルート

介護福祉士の国家試験は、福祉系高校や養成施設を卒業すれば受験できます。また、実務者研修の講習を受けて資格を取得した上で、3年間の実務経験を積むことでも受験可能となります。受講料は10〜15万円ですし、実務による給料が入るため、経済的な負担は少ないと言えます。ただしかかる期間は、やや長くなります。

介護

求められている仕事

古本買取を利用する場合は1つ目の業者による見積もりで決めてしまうよりは、複数の業者による見積もりで比較を行い、慎重に選んだ方が高値での買取を実現できます。また、見積もりの方法は色々あるので選べる状況です。

勉強

スキルを磨きましょう

介護の資格と言っても、初任者研修からケアマネージャーまで様々です。資格を取り進めていくことで、介護職としてのスキルはどんどん向上していきます。実務経験を積みながら、知識や技術を磨くことは、自信にも繋がります。

スキルアップを目指す

介護

現代の日本は、超高齢化社会と呼ばれており、介護現場では、どこも人材が不足しています。そのため、常に求人の募集が出ているのです。また、介護職の厳しさが注目されるようになり、待遇の改善が検討されています。それにより介護の仕事は、この先働きやすくなると期待されています。介護職に就くために、どのような資格が必要なのか、気になる人も多いでしょう。実は介護の仕事は、資格がなくてもできるのです。しかし、スキルアップや給与面のことを考えると、資格を取得したほうが良いでしょう。介護の資格は、段階を踏んでステップアップしていきます。最初に目指したいのが、介護職員初任者研修です。民間資格になり、年齢や学歴に問わず、誰でも受ける事ができます。民間のスクールに通い、終了時に試験を受けて、受かると取得できます。費用はスクールによって違いますが、10万円ほどが平均です。次に取得したいのが、実務者研修です。初任者研修を取得していなくても、受験できるので、自信がある方はチャレンジしてみましょう。実務者研修も民間資格であり、費用は同じく10万円程度になります。実務者研修を取得して、3年以上の実務経験を積むと、今度は介護福祉士を目指す事ができます。これは、国家資格になるため、長く介護の仕事を続けていきたい方は、目指してみましょう。介護福祉士にかかる費用は、学費で10万円から20万円ほどかかると言われています。通信講座を利用すれば、働きながらでも学ぶ事ができるため、資格取得も夢ではないのです。