介護師になるには資格が必要|スキルアップをする手立て

スキルを磨きましょう

勉強

一歩の勇気で変わります

介護という仕事をする上で、経験や技術は重要です。しかしそれだけでなく、資格の有無も一人の介護者としての評価に繋がります。これから介護職に就く方にも、スキルアップを目指す方にも、それぞれの資格があります。今回は、資格の種類や活かせる場面をご紹介します。まず最初に取るのは初任者研修です。以前はホームヘルパーと呼ばれていましたが、現在はこの呼び方で統一されています。初任者研修では、介護の理念や基礎知識等を学びます。また介護技術の実技講習を行い、すべてに合格すると、実際の施設で業務体験を受けることができます。初任者研修を修了すると、勤務に対する姿勢も変わります。次に必要になるのは、実務者研修です。実務者研修では、さらに専門的な介護知識を学びます。利用者の方に寄り添ったケアプランの立て方や、実践後の評価、改善の仕方についても知ることができます。また、医療行為にあたる痰の吸引や、経管栄養についての講習も受けられます。実務者研修まで修了すると、いよいよ介護福祉士の受験ができます。介護福祉士は国家資格であり、取得するとステータスにもなります。受験資格には、3年以上の実務経験や実務者研修の修了等の条件がある為、確認することが大切です。実務者研修により実技試験が免除され、筆記試験のみとなります。介護福祉士の資格取得をした方が次に目指すのは、ケアマネージャーです。ケアマネージャーになるには、5年以上の実務経験が必要です。しかし、取得すると自分で事業所を開くことができます。このように、介護の資格だけでも多くの種類があり、どれも必要不可欠なものばかりです。スケジュールの調整が可能な学校も多く、働きながらでもスキルアップを目指せます。